「背伸び」運動

よい動き・強い動きの基礎になる「体幹」の姿勢制御にかかわる筋肉をまとめて刺激できる運動です。

ちょっと足を開いてしっかり立ち、両手をなるべく高くつき上げ、背伸びして背骨を伸ばします。腰が反らないように気を付けてください。するとおなかが自然にへこみますが、これがいわゆるドローインになっています。さらにおしっこを我慢する要領で骨盤の内側の筋肉を引き締めます。するとむかしから丹田と呼ばれている場所に力が入ります。

体幹にあって姿勢制御にかかわる筋群である骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋(背骨背後の微小な筋群)は共同収縮する性質があるそうで、上の運動でこれらがまとめて刺激されます。ほかの体操をするまえの準備として最適です。

<参考>謝して紹介いたします。

Studio Essenceブログ「骨盤底筋群(Pelvic Floor Muscles)」。骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋の共同収縮について。

理学療法士によるRPPブログ「腰痛の再発予防に重要な腹横筋。ドローイン以外の効果的なトレーニング方法は?」。背伸び運動について。軸の伸長(axial elongation)というピラティスでの概念。

広告