ブライトンのGPSサイクルコンピューター「ライダー」シリーズ~メモ

21日の展示会で見てきたブライトンについて、シクロワイアードに優れたまとめ記事(別ウィンドウにて)がでました。それをみて私見をメモとして付け加えます。

当店展示会視察アルバムはこちら(Googlephotoアルバム。別ウィンドウにて)

【ブライトンについてのメモ】

  1. いずれのモデルにも地図の表示機能はない。ガーミンの820や1000と競合するものではなく、ライバルは520あたりになる。
  2. 高機能サイコンはクラウドサービスやPCソフト・スマホアプリとの組み合わせによるシステム全体(エコシステム)としての使い勝手が優劣のカギを握っているが、ブライトンはここが現時点では不透明。アプリ・PCソフトとも日本語化がまだ進行中で試せない状態(8月めどに進行中とのことだった)。
  3. ライバルとして意識すべきなのはおなじ新興勢力であるWAHOOの「エレメント」(単体39,800円)、「エレメント・ボルト」(単体32,000円)の二機種かと思われる。WAHOOはモノクロだが両機種とも地図が出せる。また本体設定がすべてスマホアプリでできるなどエコシステムに注力しており使い勝手がよさそうにみえる。WAHOO輸入元記事(別ウィンドウにて)

 

広告