ほっそりスタイルのアルミ製ヘッドスペーサー

本日二投めの投稿&かなり地味めです。しかし!こういうディテールが大事、ということでいってみます。

CIMG8457

DIXNA(ディズナ)・バンテージヘッドスペーサー (写真右端)内径:オーバーサイズ対応、外径:32.5mm(極細)、高さ各種(今回5mmと10mmの黒が入荷 )、1個価格税別200円~

スペーサーの厚さが気になる、ということがたまにあります(下写真)。

CIMG8467

(ステムのクランプ部分のほうがスペーサーより細身で、段ができてしまっている)

上の写真のカーボンスペーサーは冒頭写真の左端のもので、外径35mm。冒頭写真の真ん中は外径34mmで、ややすっきりしています。今回ご紹介するバンテージはさらに細身の32.5mmです。比較するとこうなります(次画像)。

35-33

どうでしょうか。アルミのスペーサーのほうがむしろほっそりと一体感が出て、かっこいいでしょう。

ステムのコラムクランプ部分とスペーサーのサイズ相性について、ちょっと撮影してみました。

上写真は外径32.5mmのばあい。ステムのクランプ部のほうが少し太い。

上写真は外径34mm。段差がない。このステムとの相性はこの径がベスト。

上写真は外径35mm。逆にスペーサーのほうが太くてステムとのあいだが段になってしまっている。

というわけで、スタイルを追求する場合はヘッドスペーサーの外径も選べるというお話でした。価格もお手頃ですね。

(おまけ)ステムのトップキャップにもシンプルな製品がありました。

CIMG8459

DIXNA・バンテージトップキャップ OS 各色 400円税別 ボルト付属

見た目がシンプルなだけでなく、中央の引き上げボルトのリセス穴が4mm六角なのでステム部分の工具と共用できて工具の持ち替えが要らないことが多そうなのもメカニックとしてはポイントと考えています。

広告