サドルテストサービス~対象サドル

当店の「サドルテストサービス」には「店内テスト」と「店外貸し出し」の二つの利用法があります。詳細は下の記事をご覧ください。

サドルテストサービス~ご利用方法

対象サドルは下記リスト外のものも随時追加します。また店内テストなら店頭在庫品も原則としてテスト可能です。


18)インフィニティシート/インフィニティシート

保証金額¥27,000 (参考:販売価格税込27800円。2017/12/08訂正) (2018/02/08提供終了)

サイクリストの医師がロングライド用にデザインしたという異色のサドル。輸入元によるとおもにネット通販で大人気とのことで、試乗用を用意することにしました。もちろん当店でお求めいただけます。

輸入元ブログ(オルタナティブバイク。別ウィンドウにて)


17)フィジーク/アリオネVS(アリオネ・ヴァーサス)

保証金額¥10,000

旧モデル。名作サドル旧アリオネ(当リストNo.1)の溝付き姉妹版。本家とは驚くほど乗車感が異なる。中央の溝(チャネル)で尿道への圧迫を軽減するが、身体に触れる面積は狭く面圧は高め。

同ブランドからは現在これと同種の中央溝ないし穴付きの発展版が3パターン発売されている(「ヴァーサス」、「ヴァーサスエックス」=深溝、「オープン」=穴付き。なお穴や溝なしの通常版は「ソリッド」と総称されるようになった模様)。

 


16)プロファイルデザイン/ヴァーテックス80ソリッド

保証金額¥16,000

トライアスロンパーツの超有名ブランドが提案する、トライアスロン用前乗りサドル。疲れてきてフォームが乱れてもサドルの痛みが出にくい丸型の横断面。ノーズはやや長めで前後に姿勢を変えて座れる。製品版はたいへんしっかりしたボトルケージ台座が付属するのでお買い得。

★紹介記事あり(旧ブログ。インプレあり)

 


15)ISM(アイエスエム)/PN1.1(ピーエヌ・イッテンイチ)

保証金額¥16,000

ノーズレスデザインサドルの元祖、ISMの現行モデル。PNは「パフォーマンス・ナロー」の略。後部が狭く前後へ座り分けられる範囲が広い。パッドはかなり厚手。サドル先端部左右幅が広いので(実測63mm)内またに邪魔にならないか要注意。

 


14)Selle SMPセラエスエムピー/T4(ティー・フォー)

保証金額¥25,000

(2015/06/01追加)セラSMPの最新タイムトライアルサドル。中庸な乗車感覚。

T3とT4のかたちの違いは微妙で、並べてみないとほとんどわからない。下のGIF画像でお確かめください。ちなみに自分青山はT3のほうが尿道部が痛くないと感じます(下紹介記事より)。

T3andT4

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


13)Selle SMPセラエスエムピー/T3(ティー・スリー)

保証金額¥25,000

(2015/06/01追加)セラSMPの最新タイムトライアルサドル。中庸な乗車感覚。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


12)Selle SMPセラエスエムピー/ハイブリッド

保証金額¥10,000

セラSMPのメリットを比較的お手頃に体感できるモデル。クロスバイクなどに向いています。やや太めなのでロングライドにも好適。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


11)Selle SMPセラエスエムピー/ストラトス

保証金額¥24,000

骨盤下部がサドルの曲面にはまり込むようなフィット感のSMPサドル。そのなかでも全体にやや小ぶりでクサビ形状の”従来型ベース”のモデル。クッションパッドは中厚手。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


10)Selle SMPセラエスエムピー/グライダー

保証金額¥24,000

骨盤下部がサドルの曲面にはまり込むようなフィット感のSMPサドル。そのなかでも全体にやや小ぶりでクサビ形状の”従来型ベース”のモデル。クッションパッドは厚手。パッドのおかげで体にあたる面が平らでやや広めになるため痛みが生じにくい。輸入元では本国取り寄せ対象モデルだが当店では通常在庫を心がけています。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


9)Selle SMPセラエスエムピー/フォーマ

保証金額¥24,000

骨盤下部がサドルの曲面にはまり込むようなフィット感のSMPサドル。そのなかでも後部がやや広い”新型ベース”のモデル。クッションパッドは全くなく、樹脂ベースの上にじかに表皮が貼ってある。骨盤へのフィット感がもっとも先鋭的で好みが分かれる。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


8)Selle SMPセラエスエムピー/ダイナミック

 

保証金額¥24,000

骨盤下部がサドルの曲面にはまり込むようなフィット感のSMPサドル。そのなかでも後部がやや広い”新型ベース”のモデル。クッションパッドは薄手で、そのぶん骨盤へのフィット感が強調されて感じられる。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


7)Selle SMPセラエスエムピー/ドラコン

保証金額¥24,000

骨盤下部がサドルの曲面にはまり込むようなフィット感のSMPサドル。そのなかでも後部がやや広い”新型ベース”のモデル。クッションパッドは中厚手。現在ハイロード青山愛用中!

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


6)COBBコーブ/V-Flow (ブイフロー)

保証金額¥20,000

街乗りからトライアスロン、ロードまで使えるモデル。初心者でも自然にサドル中央部の快適な場所へと座る位置を誘導される形状。コーブ社のもっとも基本的なモデル。

 


5)COBBコーブ/V-Flow PLUS(ブイフロー・プラス)

保証金額¥20,000

快適に前乗り乗車姿勢が取れ、かつ深い前傾姿勢が取れると同時に一般的なサドルと同程度のノーズ太さのモデル。前よりのコブがイルカの頭のように隆起した状態で取り付けるのがメーカー推奨。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


4)COBBコーブ/V-Flow MAX(ブイフロー・マックス)

保証金額¥25,000

快適に前乗り乗車姿勢が取れ、かつ深い前傾姿勢が取れる。一般的なサドルをはるかに凌駕するノーズ太さで安定性と乗り心地を強化したモデル。クッションは柔らかめ。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


3)COBBコーブ/FiFtyFive JOF(フィフティファイブ・ジェイオーエフ)


保証金額¥25,000
サドル前方に腰かけられるようにすることで深い前傾姿勢が取れ、同時に前乗りサドル位置に関するUCI規制を満足させやすくなる最新サドル。サドル後半部がやや反りあがるようにセットするのがメーカー推奨。内ももがすれないので高回転ペダリングにも好適。
★紹介記事あり(旧ブログ)

 


2)COBBコーブ/Gen2(ジェンツー)


保証金額¥25,000

ロードおよびトライアスロン用に、深く前傾した乗車姿勢を可能にするサドル。

★紹介記事あり(旧ブログ)

 


1)フィジーク/アリオネ・キーウム

保証金額¥15,000

旧モデル。近年非常に長いあいだ人気を誇った逸品。他のサドルを試す基準として。


広告