調整自在!リンタマンシューズのケーブルをかけ替えてみた

s-CIMG9630

発売以来リンタマンの「アジャストロード・コンプ」シューズ(2018年モデル。19800円税別)を愛用しています。

  • かかとが熱成型できてばっちりフィット
  • ダイアル式なので締め緩めが自由自在、しかも走行中でも容易に調整できる
  • フィット幅が広いので時たま厚手の靴下を履いても問題が起こらない
  • (そしてかっこいい!)

というあたりが愛用の理由です。

今回はこのシューズのケーブル位置を変えてみるチューンナップをしてみました。

s-CIMG9631

これが↑、こうなります↓

s-CIMG9632

イメージとしては「甲の中ほどの締め付けはほどほどにとどめながら、足首部分、ひいては靴とかかとのフィット感を強くしたい」という方向性です(足の外エッジなかほど=第五中足骨付け根の圧迫を防ぎたい)。もともとついているつま先側ダイアルのケーブルはかなり短めで自分の足だと希望の通し方には足りなかったので、新たにパーツを用意しました。

リンタマン用 MOZダイアル(Version2) 右または左 1個1500円税別

※左右の指定が必要です。普通は左右一緒に変えることになると思います。
s-CIMG9633

(上がもともとのケーブル、下が交換品。ダイアルはマイナスドライバーでこじるだけであっさり交換できます)

輸入元公式ページに作業動画あり(別ウィンドウにて)


作業の結果は、希望どおり締め付け力を分散することができました。実際に走ってみるのが楽しみです!

広告