2019マヴィック軽量ホイール「キシリウムプロカーボンSL UST」

CIMG9710

先日展示会で聞いてきたばかりの最新ホイールが入荷してきました。→記事執筆中にご成約してしまいました。

【まとめ】

  • 軽さが要求されるヒルクライムなどで、瞬発力・高パワー性能が求められるレース的な場面に最適

  • カーボンリムの弱点を払しょくした

  • 扱いが容易なチューブレスシステム「UST」(当店おすすめ)

【製品仕様】

マヴィック2019・キシリウムプロカーボンSL UST
前後ペア定価税別320,000円  在庫ペアのみ大特価(書けません。お問い合わせください)
※リヤまたはフロントのみでも購入できます。

  • チューブレスレディ仕様(クリンチャー対応)
  • 重量1445g (前640g / 後805g)
  • リム 高さ25mm / 幅25㎜ / 内幅19㎜
  • スポーク数 前18/後20
  • スポーク仕様 スチール系合金、エアロブレード形状
  • その他 ID360ラチェット、イソパルススポークパターン、ハブベアリング簡易調整機構(前のみ)、リムブレーキ面レーザー加工
  • シマノ11S~8S対応
  • 付属タイヤ マヴィック2019イクシオンプロUSTチューブレスレディ 25C (260g実測)
  • その他付属品 チューブレス用バルブ、クイックシャフト、専用ブレーキシュー、バルブコア回し、ハブ調整工具(フロントのみ)、シーラント及び注入器(リヤのみ)

【仕様細目】

~リム関連~

  • リム単体では公称405gとこのボリュームとしては超軽量の仕上がりで、カーボン素材ならではのメリット。
  • リム内幅19㎜でありながら25Cのタイヤが付けられる。これはETRTO規格外までカバーした扱いやすさ(普通は19㎜のリムには25Cタイヤは装着できない)。軽く幅広のリムはタイヤの剛性を上げるとともにエアボリュームを増しタイヤの性能をかさ上げする。
  • リムブレーキ面のレーザー加工で抜群の制動性能、ウェットでのブレーキ性能が不足するという従来のカーボンリムホイールの弱点を克服した。
  • 高熱に弱いカーボンの弱点を補うiTgMAX(高耐熱樹脂技術)を投入。

~ハブ・スポーク関連~

  • スポークはペーパーナイフになりそうなほどの鋭利なエアロブレード形状で空気抵抗を削減、伸びのあるスチール系素材で剛性を最適化している。
  • イソパルススポークパターンは左右のスポーク張力を斉一化し横剛性を上げるとともに高い駆動効率をも併せ持つマヴィックの独自設計。

~総合特性~

  • アルミリムモデルに対して12%の剛性アップで瞬発力が高く、また高速時に安定する。
  • ID360ラチェット構造は「かかり」が早く駆動効率も高い。瞬発力・高出力時の性能が良い。
  • アルミモデルよりも前後ペアだと重くなるが、リヤだけ比べるとむしろ15g軽い(805g)。リヤの軽さが軽快さに強く影響するとマヴィックのセミナーでは説明されていた。
  • チューブレスシステムの扱いにくいイメージを一新したマヴィック独自のUSTシステム。タイヤが嵌めやすく、空気を入れるのもごく簡単。

軽快さと剛直さの両立を狙い、またカーボンリムの素材メリットをうまく引き出した最新のヒルクライムホイールです。

(シックなデザイン。レーザーで焼灼されカーボン線維が露出するブレーキ面)

(低グレードのスプロケットは非対応、イソパルスハブ、第3世代のID360・QRM AUTOハブ構造)

(シンプルな前ハブ、右サイド、左サイドには工具用の6穴がある)

(チューブレスバルブがついている、タイヤはデザインが統一されているだけでなく性能の評判も高い)

(後輪付属品全景、前輪付属品全景)