肉厚ノーズの兄弟TTサドル、セラSMP・T1&T2

CIMG9764

終始サドルの先端に座り続ける走り方に合うTTバイク用サドルを探している方にお勧めです。T1は再入荷、T2は今回初入荷です。輸入元取り寄せ品につき希少在庫!

セラSMP・T1ブラック 25000円税別

全長255㎜、最大幅164㎜、実測381g、先端から70㎜部分のノーズ幅は66㎜、パッドは極厚

セラSMP・T2ブラック 25000円税別

全長255㎜、最大幅153㎜、実測386g、先端から70㎜部分のノーズ幅は63㎜、パッドは極厚

なおノーズ幅についてはこちらの当店旧ブログ記事もぜひご参照ください。この二つのサドルは自分のお気に入りTTサドル、コーブ・フィフティファイブJOF(当店旧ブログ記事)に匹敵する幅広ノーズ!


 

T1のミニインプレッションはこちらの過去記事をご覧ください。

T2のミニインプレッション

  • ZWIFTを使って20分ほどTTペースで力走してみた。終始ノーズに座る感じで痛み違和感が全くなかった。サドルの痛みが出やすい、気難しいお尻をしている自分青山としてはこれは大変高評価。
  • サドルの後ろのほうまで座ろうと思えば移動できる。これは(自分には)いくらなんでも後部が広すぎるT1と比べると汎用性が高いといえるかも。T1はむしろ後部にはまったく座ろうとせずにもっぱらノーズを使うような乗り方だといい感じで走れそう。
  • セッティングはサドル後ろ半分を水平にして、前半分は少し前下がりの傾斜が付くようにしてみた。こうするとエアロバーのヒジパッド(今回のインプレではドロップハンドルだったが)にしっかり体重を預けた、安定した姿勢で快適に乗ることができる。

CIMG9769

(前下がりセッティング)

メーカー公式情報(英語) T1 および T2

 

 

 

広告