セライタリアSP-01と同ブーストサドル、4モデルをテストしました

特徴ある座り心地のモデルを発見!自分のサドルを【6年ぶり】にモデルチェンジしました。4モデルいずれも店内でテストしていただけます!

セライタリア・SP-01シリーズ

サドル後方が左右に分かれていて左右が別々に動きます。これはペダリング中の腿の動きに追従して妨げないのとともにショック吸収にも秀でる構造とのこと。下は展示会での動画です。

パッドは見た目うすでなのだが、体重が乗る座骨部分は樹脂ベースがくぼませてある分パッドが厚くなっていて、これが快適性に大きく貢献しています。

特大の中央前後開口部によって、骨盤を前傾させたときにも柔組織に圧力がかからないので安心。


セライタリア・SP-01 TMスーパーフロー サイズSおよびL

※TMはレール材質表記でお手頃モデルにあたります。各サイズとも17300円税別

Sサイズ 204g、全長288mm全幅130mm

Lサイズ 207g、全長288mm全幅142mm

【テストインプレッション】各10分ほど、タイムトライアルペースで力走した。

  • Lサイズ:座骨結節が落ち着かない。開口部の縁を超えて中へ落ちかけているのかもしれない。着座面積が広い割にはコツコツ当たる感じがあってじっくり腰かけるサドルとは感じられなかった。
  • Sサイズ:Lのあとで試したのだが、座骨がしっかり落ち着く感じがして安定したパワフルなペダリングができた。しかし、Lとも共通するが骨盤を前傾させたときにしっかり面で支えられる感じはあまり感じられず、この点はSP-01ブーストシリーズのほうがすぐれている。
  • 試した後で気づいたのだが、金属レールが完全に平行でない。そのためピラーに取り付けると後部が広がっていたようだった。おそらく公称130mmのSサイズは135~138mmに、公称142mmのLサイズは147~150mmまで広がっていたと思われる。これは考えようによっては特長で、簡単な加工でサドル後部を広げたりすぼめたりする工夫の余地がある(むろん保証対象外)。
  • 特長の左右別々可動機構は走ってみるとあまり感じられなかった。骨盤を前傾させた場合、特大開口部のおかげで痛みや違和感は全くない。

まとめ:構造外見に反して割と普通のサドル。価格の割に軽い。軽い割には快適性が高い。前後調整幅がやや狭い。


セライタリア・SP-01ブースト TMスーパーフロー サイズSおよびL

※TMはレール材質表記でお手頃モデルにあたります。各サイズとも15300円税別

Sサイズ 213g、全長250mm全幅135mm

Lサイズ 218g、全長250mm全幅145mm

全長250mmというのはいわゆるショートサドルの部類に入ります。自分はこのうちSサイズを自分用にチョイスしました。

【テストインプレッション】両サイズともインドア・屋外ともに数回試してみた。

  • 両サイズに共通するのは骨盤をやや前傾させたときの無類の安定感。サドルを上から見たときの輪郭には、後ろが急に広がる「ラッパ型」と先端から直線的になだらかに広がる「クサビ形」の2類型があるが、このサドルは「クサビ形」の典型例。サドル中央部分がくびれないでやや幅広になっているため、若干前傾させた骨盤のやや前側下の縁(恥骨下枝チコツカシ、Pubic Rami)がしっかりサドルの上に乗る感じになります。広く面で支えられる感じになるため接触面が痛くなりません。下ハンドルを持つのがらくになりました。
  • もっとも上記感想は骨盤下開口部のサイズにより個人差があると思われます。自分青山は開口部が男性としては大きめだということが簡易の検査で分かっているので、それを前提にして解釈していただきたい。女性は一般的に開口部が大きい(性差がある)ということもいわれています。
  • サドル後方の印象は両モデル間で少し違っていました。Lサイズはさすがに骨盤幅広の自分にもちょっと広過ぎたようで、Sサイズがちょうどでした。Sサイズのサドルに腰を深めに引いて座り、サドル後方の支持面をしっかり使いこなすようにするとお尻への圧力が分散されて快適に座れました。そのためサドルは若干前寄りに取り付けるのがよかったという印象です。
  • サドル後方はパッドが薄めに感じられました。ロングライドでは今にもお尻が痛くなりそうな気がするのに、結局最後まで痛くならない、という不思議なバランスのサドルでした。
  • クサビ形輪郭の制限事項として、あまり腰を引きすぎて座ると幅が広いだけにサドルが内またに擦れて痛くある可能性があります。同様の輪郭をもつスペシャライズドBGサドルの「パワー」というモデルではそういう問題がすでに指摘されているようです。

まとめ:クサビ形輪郭のおかげで骨盤前傾が非常に安定する、価格の割に軽い。軽い割には快適性が高い。

 

 

広告