シューズと足を一体化しつつ動きやすい、という名前のインソール

松本義肢製作所 フュージョンフレキシ・ライト 2900円税別 (5サイズ展開・在庫あり)

(2019/06/29表記・価格を一部訂正しました)最近の商品名称には「そのまんま」なものが増えてきました。例えば「まるごと野菜 じっくり煮込んだポトフ」とか、「源泉 お肌しっとり 保湿クリーム」など。今回ご紹介するインソール「フュージュンフレキシ」もじつはそんな傾向があります。

フュージョンFUSION=(足と靴の)一体化

フレキシFLEXI=足の可動性を生かす

というのがブランド名の由来です。

フュージョンフレキシとは?

  • メーカーの松本義肢製作所は創業以来100年余という老舗の義肢・装具・リハビリテーション機器メーカー。医療福祉の観点がインソールづくりに生かされています
  • 元競輪選手が開発の主力となっており、スポーツやサイクリングという領域でのニーズをしっかり汲み上げた商品企画になっている
  • 足と靴の一体感を高めることが足の機能の全般的向上に有効、というのが第一のコンセプト
  • 足には安定性(荷重を支えるため)と可動性(うまく動くため)がともに必要とされます。しかしインソールでそれらの機能を高めようとするとこの二つは二律背反になってしまうのだそうです。そこでフュージュンフレキシは可動性を十分に伸ばしつつ、できる限り安定性も確保する、というバランスを志向しています。これが第二のコンセプトです

形状・構造についての共通な特徴

  • 足裏にあたる部分(インソールのトップ=表皮)はスポンジ状素材で非常に滑りにくい。足の一体感の重要な支えになっている。
  • 足裏アーチは適度に持ち上がっているが、荷重がかかった時は自然にたわんで逃げるようになっており、足の可動性を妨げない。
  • かかとの骨を包み込むように後部がたかく巻きあがっており、かかと部分の安定性・一体感が非常に強く打ち出されている。(かかとの骨の配置や安定性が足の安定性・可動性全体に大きくかかわっていることはスーパ―フィートなど他社のインソールの研究からもわかっていたことですが、ここまでしっかりとかかとを包み込む製品はこれまでありませんでした。)
  • 荷重時に足裏アーチが下がるとこれにつれてかかとのホールド部分が閉じ、より強くかかとを安定させる。まるでかかとをつかまれているような感触です。

これまでのラインアップ

(以下フュージュンフレキシをFFと略記します)

  • FFプロ:32000円税別。完全オーダーメード。ゴルフなどにユーザーが多い。
  • FF:4600円税別。当店では「無印」と呼んでいます。既製品シリーズの標準型。前足部厚みは3㎜。
  • FF プラスS:5500円税別。当店では「プラスエス」と呼んでいます。標準モデルに足裏アーチ安定板を追加し、安定性をかさ上げしています。ランニングなどとの比較上は「中程度の力が・ある程度持続してかかる」というサイクリングの動作特性にいっそう適している構造。前足部厚みは3㎜。【当店標準在庫品】
  • FF forG:5800円税別。当店では「フォージー」と呼んでいます。ゴルフでの使用をおもに想定したモデル。やや厚めの前足部でゴルフ場での歩行の負担を軽減するとともに、足の外エッジのサポートを強めにすることで適正な構え(アドレス)がしやすく、体のブレ(スウェー)を食い止める機能を与えたもの。疲労を軽減しつつ、足の安定性をより高めたいサイクリストにも向きます。前足部厚みは4㎜。【当店標準在庫品】

新製品、FFライト

今回ご紹介する「FFライト」モデルはこれまでのシリーズを踏まえ、さらに新たな特徴を与えられています。

  • お手頃な価格設定。構造や機能に妥協せず、製法などを工夫することで従来比ほぼ半額という驚異的なコストパフォーマンスを達成しました。
  • 耐久性アップ。トレーニングや日常での使用でも消耗しにくい、丈夫な製品になりました。
  • 衝撃吸収性・快適性アップ。激しいトレーニングでもからだの故障を起こしにくいソフトな衝撃吸収性と、長時間の運動でも不快感を生じにくい快適性でトレーニングやエンデュランス系競技に好適です。
  • 前足部厚みは4㎜。

サイクリングだとツーリング・ロングライドやトライアスロンに向いているでしょう。また日常の靴・トレーニングシューズ等にも使ってもらえればいっそう快適で履きやすい靴にアップグレードできます。


当店での加工

下記のような加工で最高のフィット感を得られるようにしています。

  1. サイズサンプル完備。購入前にご自分のシューズで大まかなフィット感を確認してからご購入いただけます(標準在庫品のみ対象)。
  2. サイズカット。お使いになるシューズに合わせてピッタリにカットし、インソールのずれや指がインソールから外にこぼれる「棚落ち」現象をなくします。
  3. 熱や切削による成形。足にあたる部分がある場合、そこを熱で変形させて逃がしたり、切削で薄くして逃がしたりしてフィット感をさらに向上させられます(熱加工は公式にはメーカー保証外。ですが素材としては熱加工に対応する素材が使われています)

試用してみました

自分青山は現在、FFプラスエスを若干加工したものをロードバイク走行時に使っています。今回FFライトをロード走行と、日常のスニーカーとで使ってみました。

  • 足裏の一体感は上級モデルのプラスエスと変わらない。
  • 前足部がちょっと厚めだがソフトなのでサイズ感に大差はなかった。ソフトなので振動などによる疲労は起きにくく、オフロード走行にもよさそう。またランニングなど足裏の屈曲が大きくなる運動でも違和感なく使えそうだった。
  • かかとのホールドは若干弱めになっていて、これが快適性を上げている。従来モデルはサポート性能をあげるためにかかとのホールドががっちりしており、場面によってはやや自由さに欠ける印象を受けることもあったのと対照的。
  • 総じていうと廉価版というよりはより汎用性を高めた別モデル、という印象。スニーカーなどにもためらいなく使える価格設定も相まって、ぜひこの機能・快適性を体感してもらいたい、と思わされた。

当店独自「ステップアップキャンペーン」

当店でFFライトをご購入になりその性能をご体験いただいたあとで、上級モデルのFFプラスエスまたはFFフォージーをさらにお求めいただいた場合、上級モデルご購入時に1000円税込みを値引きいたします。期間は未定です。

フュージュンフレキシの世界観をぜひフルに体験していただきたく、どうぞご活用ください。


メーカー公式ブランドサイト ラインアップ情報