E-BIKEで激坂体験してきました

これもお仕事なので(笑)、試乗車のE-BIKEに乗っていつもはロードで走っている多摩丘陵エリアへ行ってきました。詳細はまた後日に、と思っていますがとくに印象に残った点をいくつか。

1)“入門級”のシマノ5080ユニットでもトルクは十分!

試乗車として導入したときちょっと不安だったのは、新発売のアシストユニットDU-E5080の出力が「最大トルク40Nm」となっていて上級のDU-E6180(同60Nm)やDU-E8080(同70Nm)に比べて数値上見劣りすることでした。

しかし実際に激坂に挑んでみると登る登る!アシストパワーに全く不足はありませんでした。オフロードなど条件が変わればまた印象が違うかもしれませんが、トルクはじゅうぶんと感じます。

2)アシストを効かせるコツは、「軽いギヤ」

はじめのうちは「どうせアシストでラクに発進できるはずだから」と重いギヤのままで信号待ちをしていましたが、激坂を登ったりするうちにわかってきました。きちんと適正ギヤまでギヤを軽くしておくことでより強力なアシスト感覚を得ることができるのです。

試乗のご相談、お待ちしています。