サイクルモード東京2019

昨日から幕張で開かれている試乗会型イベント「サイクルモード東京」を視察してきました。アルバムでレポートをご覧ください(Googlephotoアルバム。別ウィンドウにて)。内容はかなり偏っていますのでお許しを。

今回もアルバムには載せきらなかった情報があります。

【おもな点】

  • パイオニアCA600サイコンがアップデート。カーナビブランドならではの「到着予想時間」機能、センサーなしでパワーを推定する「バーチャルパワー」ほか、「渾身の」アップデート。
  • グロータックの「イコールレバー」。ブレーキレバー内のレバーで変速ケーブルを巻き取り/送り出しする機構。インデックスがないためどのような機械式変速機とも組み合わせ可能。ケーブルの引きを軽くするため「逆入力遮断ユニット」が重要な働きをする。変速機側から戻ってくる力を遮断してくれるので変速機内部のリターンスプリングの力を打ち消すばねをレバーに搭載しひじょうに軽い巻き取り動作を狙っている(送り出し動作はまだ別の機構があるのか?未確認)。
  • 電動アシストスポーツバイク(E-Bike)。MTBモデルをいくつか試乗してきました。面白いです。
  • 旅行用のE-Bikeにいくつか新しい提案が見られました。
  • E-Bikeのロードバイクは日本の市場にほとんど持ち込まれていないことがあらためてわかりました。

【その他】

プロショップ向けの、ロード油圧ディスクブレーキのセミナーを受講しましたが非常にためになりました。自分と変わらない年配の受講者が多かったのですが、もっと若いショップスタッフもどんどん受けたほうがいいと思わせる充実ぶりでした。