“無料のZWIFT”?RGTを試してみた

インドアトレーニングのサービス「ZWIFTズイフト」はかなり知名度が上がってきましたね。自分青山もこのところ契約していたのですが、最近利用頻度が減ってしまっていました。

要するにさぼっていたのですが、そのわりに月額16.99米ドルはちょっと惜しいな、と思いはじめた矢先に、とある英語のブログで同種のサービスで無料を謳っているものがあるのを見つけました(じつは再発見。忘れていた)。

RGT(Road Grand Tours)がそれです。当店ではフィッティングに使いたいのでまったくの平坦(軽い一定負荷)で走り続けられるコースなり機能が必要だったのですが、試しに使ってみると十分でした(8BARというルートがまさにそれだった)。

気づいた点は、

  • 無料でバーチャルコース8か所(現在のところ)を走り回れる。モンヴァントゥやマヨルカ島といった憧れのルートもあります。
  • グラフィックに自信あり!と最初期はうたっていた記憶があるのですが、それほどズイフトよりもリアルという感じでもない。
  • 有料会員でも月額14.99ドルなのでじつはズイフトより安い。
  • 無料会員でもストラバ連携ができる。
  • ワークアウトメニューや、自分でGPSデータを流し込んでルートを作る「マジックルート」機能は有料。トレーニングピークスとの連携もできるみたい。

機材との接続はとても簡単でした。

  • スマホにアプリを入れ、スクリーン(パソコンやタブレット)にもアプリを入れる。
  • パスキー入力で両者を連携させる。
  • スマホ上でパワーメーターやスマートトレーナー、心拍センサーなどとペアリングする。パソコンとANT+でつながるセンサーを(直接にはANT+が使えないはずの)スマホでペアリングできるのはちょっと不思議でしたが、逆にBLEなのかANT+なのかなど厳密に考えなくてもつながる、動くというのはストレスがないと感じました。

月額課金のためにズイフトをあきらめていた人はぜひ試してみてください。

RGT公式ページ(英語です)