新世代・機械式ディスクブレーキを拡散したい

メーカーサイトから引用

グロータックさんが新しいワイヤー式ディスクブレーキキャリパーを発売されてからずっと気になっています。(セットで税抜30200円。セットがお買い得です)

メーカー情報

サイクルキューブさんの素晴らしいブログ「店長日記」(参考にさせていただき感謝!)

このブレーキキャリパーなら、手持ちのコンポパーツを使ってディスクブレーキのバイクを手軽に作れる!

オンロード用、グラベル用のバイクにとってのディスクブレーキの真の恩恵は、ズバリ

タイヤの太さや外径が自由になること(=太くできること)

だと思います。25Cくらいのロードバイクタイヤしか使ったことのない方に、ぜひ32Cとかもっと太いタイヤの快適さや意外に軽快な巡航走行を楽しんでもらえたらと思います。


例えばSOMAのFogcutterフレームセット、レッドの塗装のVersion1タイプですが、今日現在まだ問屋さんに少し在庫が残っているみたいです(48,51,54の各サイズ)。このレッドカラーはとてもカッコいいです。ディスクブレーキ台座がフラットマウントではないので(IS規格)、ディスクブレーキ取付がちょっと大振りになりますが見慣れる範囲かと思います。これでフレームフォーク税別98000円。

メーカーサイトから引用

ホイールは例えばアレックスリムズのRDX3(税別52000円)。このお値段にして1550gと軽量です。

タイヤは妥協なく選んでいただき、コンポは8Sのあまりもの(前シングルがおすすめ)、フラット系ハンドル、プラ製のグリップシフターか直付けダブルレバー、泥除け、あたりを組みあわせるとちょうどいま自分青山がほしいごきげんな街を乗り回せるバイクが出来上がると思います。荷台やバスケット、スタンドも便利ですね。


こんな感じで当店で、【グロータックブレーキセット】+【フレーム・フォーク】+【ホイール】をお買い求めくださった方には組み立て工賃で特典を付けようと思います。お手持ちのパーツ持ち込みも歓迎です。ぜひご検討ください。