ドロップハンドルのサイズとかたち

ロードバイクのドロップハンドルにはいろいろなサイズ・かたちがあります。いまのハンドルがしっくりこない、ブラケットは快適に握れるのに下ハンドルは手が届きにくい、など現状に不満があるならハンドルの交換を検討するのもいいでしょう。 “ドロップハンドルのサイズとかたち”の続きを読む

広告

今朝のSFR

SFR181202.png

今朝もMRに行く途中でSFRを行いました。持続は67秒、ケイデンスは32rpmでした。今日から新しいバイクなのだが動きに影響があるのかないのか。パワーはやや強めでした。

今朝のSFR

181111SFR

今朝もモーニングライドへ行きがけに五反田の坂で実施しました。持続は84秒、ケイデンスは33RPM強です。今日はややパワー強めでやってみました。ケイデンスがいつもより少し上がっているのはこのためです。

今朝のSFR

181021-88sec-29rpm

今朝は爽快な秋晴れのもとモーニングライドに出かけましたが、その途中でいつものSFR実施。持続は88秒、ケイデンスは28rpmでした。

  • 新しいサドルをテスト中
  • 新しい動き方を習得すべく筋トレ(殿筋・ハムストリングス・腹筋など)や体操を実施中
  • リオモのモーションセンサーを付けてトレーニング実施中

という状況でのデータです。

7月8月に比べるとすこしだけ違うベクトル図形が取れるようになってきたようです。具体的には時計の4時の位置でベクトルが前方に流れるのが抑えられました。

機械式ディスクブレーキでタッチ改善

s-CIMG9970

写真の意味を読み取っていただけるでしょうか。廉価ながら対向ピストン構造の機械式ディスクブレーキのキャリパー本体に、リターンスプリングを弱める補助スプリングを取り付けてみたところです(野蛮な取り付けはご容赦)。→末尾に改良版画像を追加しました。 “機械式ディスクブレーキでタッチ改善”の続きを読む