3-6)足を固定できるペダル(ビンディングペダル)について

(前へ) この章をはじめから読む

s-CIMG8378.jpg

ロードバイクの真の性能を開放するカギ

今日本格的にロードバイクを乗りこなしている人はほぼ例外なく、“足を固定できるペダル”を使っています。この固定式ペダルは別名「ビンディングペダル」ともいいます。足をペダルに固定するとペダルを漕ぐ動作が“より正確に”、“より無駄なく”できるようになり、とくにその乗り手の力の限界に近い状況での走りやすさに違いが出ます。いわばロードバイクの真の性能を開放するカギがこのビンディングペダルシステムなのです。 “3-6)足を固定できるペダル(ビンディングペダル)について”の続きを読む

広告

3-5) 安全なスタート&ストップは“片足たちのり”から

(前へ) この章をはじめから読む

経験者でも意外にできていない、“安全なスタート&ストップ”

すでにロードバイクに乗っているひとのなかにも“スタートやストップのときに危なっかしくて苦手意識がぬぐえない”というひとがときおりみられます。バランスがよくないのは公道を走るうえでたいへん危険です。ぜひとも“安全、安心なスタート&ストップ”を身につけましょう。 “3-5) 安全なスタート&ストップは“片足たちのり”から”の続きを読む

3-4) 普段使うギヤはどれ?~変速機のほんとうの役割

(前へ) この章をはじめから読む
010_2

ロードバイク入門者から「普段はどのギヤで走るのですか?クルマと同じでトップギヤですか」と聞かれることがあります。ロードバイクでは“普段使うギヤ”というのはとくに決まっていません。個々の乗り手がそのときどきに走りやすいと思うギヤを自分で選んで使います。 “3-4) 普段使うギヤはどれ?~変速機のほんとうの役割”の続きを読む

3-3) ギヤを使いこなそう

(前へ) この章をはじめから読む (補記しました。同年8月7日)

ギヤの操作

今度はギヤの操作をみていきましょう。ここでは今日の入門ロードバイクの多くについていると思われるシマノ社のコンポーネント(コンポ)の操作レバーを念頭に解説します。シマノ社では“ブレーキ変速一体式操作レバー”のことを「STIレバー」と呼んでいます。 “3-3) ギヤを使いこなそう”の続きを読む

3-2) ブレーキ操作

(前へ) この章をはじめから読む

左右のレバーの使い分け

ロードバイクのブレーキは前後の車輪それぞれについているので二系統あります。日本とイギリスではふつう右レバーで前輪ブレーキを、左レバーで後輪ブレーキをコントロールするよう設定されています。アメリカや多くのヨーロッパ諸国では逆に左レバーが前輪ブレーキにつながっているので、もしも外国人の友達のバイクに乗るときは要注意です。 “3-2) ブレーキ操作”の続きを読む

第三章 ロードバイクの運転

憧れのロードバイクにまたがって走り出すそのまえに、ロードバイク特有の乗り方や操作を確認しましょう。基本的な操作方法を知らないまま走りだすことはたいへん危険です。運転方法を知らないままいきなりクルマやオートバイに乗ろうとする人はいないでしょう。 “第三章 ロードバイクの運転”の続きを読む

2-5)ロードバイク購入は“二人三脚”で – 「アクセル=ブレーキ方式」

(前へ) この章をはじめから読む

このようにある一人の乗り手にとっての理想のロードバイクを選び出す作業は“守り”と“攻め”、両面の検討が必要です。この“両面作戦”を遂行するうえで最善なのが信頼できるお店でじっくり相談することです。 “2-5)ロードバイク購入は“二人三脚”で – 「アクセル=ブレーキ方式」”の続きを読む