1-6ロードバイク購入前にはここに注意!~道具としてのロードバイクの向き不向き

(承前)(この章をはじめから読む)

当店ハイロードではロードバイクにはじめて乗りたいというひとには以下のようなポイントを確認しています。もしも不安に感じる項目があったらバイクショップで相談したり、できれば試乗させてもらったりして自分にとって「期待外れ」にならないことを確認したうえで購入の検討を進めるとよいでしょう。

  1. タイヤの細さ
  2. ドロップハンドル
  3. 繊細な車体
  4. 荷物が積めない
  5. 服の汚れ

20130727-140648-0八ケ岳aoyama “1-6ロードバイク購入前にはここに注意!~道具としてのロードバイクの向き不向き”の続きを読む

1-5体力に自信がないほど「良馬」の恩恵は大きい

(承前) この章をはじめからよむ20130727-140648-0八ケ岳aoyama.JPG

ロードバイクは“競争でライバルに勝つため、より速くより強く走るため”の自転車として進歩してきました。ですからその本質は競技の道具であり、相手に勝つためには不便困難に耐えることをいとわないという人のための乗り物です。 “1-5体力に自信がないほど「良馬」の恩恵は大きい”の続きを読む

1-4変速装置(ギヤ)について

(承前) この章をはじめからよむ010_2.jpg

変速装置(ギヤ)について

一般的なお買い物自転車(ミニサイクル)に比べてシンプルなのがロードバイクの特徴だと述べてきましたが、じつは一カ所ロードバイクのほうがミニサイクルよりも複雑な部分があります。それは変速装置(ギヤ)です。 “1-4変速装置(ギヤ)について”の続きを読む

1-3軽量でシンプルな車体(泥除け・荷台など)

(承前) この章をはじめからよむ

軽いバイクは絶対的に有利!

ロードバイクの第三の特徴はその軽さと装備のシンプルさです。ハイロードのお客さんがはじめてロードバイクに触れて「すごく軽い」「思っていなかったほど簡単にスピードが出る」と口々に驚きを口にされるのは、なによりもこの軽さによるところが大きいでしょう。 “1-3軽量でシンプルな車体(泥除け・荷台など)”の続きを読む

1-2ドロップハンドルと、その三つの握り位置

(承前) この章をはじめからよむ
007.jpg

(ドロップハンドル)

 ロードバイクの二番目の特徴がこの「ドロップハンドル」です。このスタイルの格好よさに憧れる乗り手も多いでしょう。しかしよく見るとドロップハンドルはなんとも不思議な形をしていますね。これはなぜなのでしょうか。 “1-2ドロップハンドルと、その三つの握り位置”の続きを読む

転がり抵抗の正体

(ロードバイクの細いタイヤは軽量と、そして高圧を目指したかたちです)

なぜ高圧タイヤは転がりが軽いのでしょうか。そもそも転がり抵抗とはなんなのでしょうか。

タイヤでもボールでもよいのですがなにかしら丸い物体を平らな地面に転がすと、はじめは勢いよく転がりますがやがて速度が落ちてきて最後には止まります。 “転がり抵抗の正体”の続きを読む